食べ物を使ったスキンケア

様々な食材食材を使ったスキンケアの人気が高まってきています。安価で手に入るものも多く、化粧品にかけるコスト削減にも繋がります。

例えば、卵白で洗顔するという方法があります。卵はどの家庭でもたいてい冷蔵庫に常備しているものです。卵白には皮膚の汚れを除去する働きがあります。汚れだけを落として潤いを残すという優れものです。

それから、ジャガイモもよくある食材と言えます。ジャガイモを化粧水代わりに利用することができるのです。ただし、新鮮なジャガイモに限ります。ジャガイモの汁を顔に塗ることで、美白効果を実感することができるはずです。ニキビ対策にも繋がります。

それから、ヨーグルトを使ってパックをするという方法もあります。保湿や美白効果が高いため、お勧めです。

リップケアにはハチミツがお勧めです。乾燥して剥けてしまっている唇に潤いを与えることができるため、リップクリーム代わりに唇に塗るようにします。蜂蜜は当然、口の中に入ってもいいものなので安心ですし、就寝前に塗って寝ても問題ありません。

このように様々な食材のスキンケア方法がありますが、行う前は必ずパッチテストを行いましょう。肌に合わなかった場合、肌荒れの原因になってしまう可能性があるからです。

柑橘系の食べ物を使ったパックは逆効果

レモン柑橘系の食べ物を使ったパックは昔から主流となっています。しかし、これが逆効果となることが分かりました。例えば、レモンを使ってパックをすることはよくあることです。ところが、この方法は美肌になるのではなく、肌荒れやシミの原因となってしまうことがあるのです。

レモンのパックと言えば、とても簡単なパック方法です。レモンを輪切りにして、顔の上に並べていきます。これだけでいいので手軽にできます。ですがレモンは肌への刺激が強く、炎症を起こすきっかけとなってしまうことがあるのです。

また、レモンに似たものとしてライムもパックに用いられることがありますが、こちらもお勧めできません。柑橘類にはソラレンという成分が含まれており、これが紫外線に当たることで皮膚へダメージを起こしやすくしてしまうのです。結果的に、シミができやすくなってしまうというわけです。

最近は柑橘類の入った化粧品も市販されています。購入する場合、ソレラン成分の含有量をしっかり確認した上で使用することをお勧めします。

柑橘類はパックとして利用するよりも、食べて摂取することがおすすめです。肌に直接使うのは向きませんがビタミン豊富で栄養があるからです。レモンティーなどにすることもお勧めです。

更新情報

2014年10月24日
アボカドページを追加しました。
2014年10月22日
オリーブオイルページを追加しました。
2014年10月20日
緑茶ページを追加しました。
2014年10月17日
ヨーグルトページを追加しました。
2014年10月15日
コーヒーページを追加しました。